読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

漫画図書館なつコミ倉庫館長の日記

あなたの好きなマンガがきっと見つかります。

川崎のぼる 死神博士は、最初で最後?の怪奇コミック。

 


今回紹介する漫画の作者はあの巨人の星の作者、川崎のぼるさんの作品です。

それも怪奇スリラー?(・_・;

あの巨人の星から怪奇スリラー物って想像できませんよね?

この作品を手に入れたのは何年か前…

とある古本屋さんの怪奇コーナーの棚で見つけました。

初めは楳図かずお日野日出志の怪奇物を探してたんですが、その怪奇物の棚に川崎のぼるさんの作品があったのでびっくりしたことを覚えています。

さて?

川崎のぼるさんが手がけた最初で最後の怪奇スリラーは果たしてどんな物でしょうか?

それでは作品紹介です。

 

f:id:mangatengoku:20161222210940j:image
作品名は死神博士
作者は川崎のぼる
1967の作品
掲載雑誌は週刊少年サンデー
出版社は秋田書店
サンデーコミック

時は現代、場所は、東京郊外にある古ぼけた奇妙な洋風の館に住む一人の男の不気味な笑い声から物語は始まる。洋館に住む一人の男、名を神谷博士と言う。かれは13年前、仲間とともに孤島にある宝物を探しに行ったのだが、仲間の裏切りに会い宝を奪われ殺されかけた。神谷博士が裏切った仲間達をあらゆるトリックで追い詰めていく物語。

 

 

この作品を楽しむための面白ポイントの紹介。


面白ポイント1

週刊少年サンデー掲載なのに秋田書店で出版?

当時は、まだ漫画単行本の市場が確立しておらず、(小学館講談社がまだ参入してなかった)そこで秋田書店講談社週刊少年マガジン小学館週刊少年サンデーに掲載された人気作品を収録し、出版社の枠を超えて販売していたのです。

今では考えられませんよね。


面白ポイント2

川崎のぼる最初で最後?の怪奇コミック

川崎のぼるには珍しいジャンルの漫画ですよねー。

ちょっと調べましたが、恐らく怪奇物はこれ1点だけじゃないでしょうか?(もし有ったら教えて下さい)

と、言うわけで、ある意味貴重な作品です。

ちなみに、まんだらけでもビンテージ指定で買取してました。

 

面白ポイントその3

死神博士仮面ライダーとは関係ない!

死神博士といえば。

仮面ライダーの敵役、死神博士が有名ですが。

仮面ライダーは1971の放送だからここからとったわけではない!と思う。

てもちょっと似てるなー(・_・;

 

最後に館長の読んでみた感想

川崎のぼると言えば、館長にとっては巨人の星があまりにも有名。そんな作者が描いた怪奇物作品だったのでカナリ期待しました。主人公神谷博士が裏切った仲間達を、色々なトリックで追い込んでいく内容は、どこかでみたテレビドラマの枠を出ていません。その上、トリックの種明かしをしていないのはちょっと残念。しかし、絵のタッチは劇画風でしっかり描かれて話の流れは解りやすい。当初から、1巻くらいで終わらす予定だったのか話の内容は中途半端な事はなく、しっかり終わってます。内容よりも川崎のぼるの最初で最後?の怪奇コミックとして、コレクションとして価値があるように感じました。


川崎のぼるさん。

現在は熊本県で絵本作家をしているそうです。

それではまた次回をお楽しみに!

チャオ!

iPhoneから送信